スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130907トリプルオフレポート

使用構築:死の舞スタン
http://pironopiro.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

ラティオスボルトロス化キリキザン
キノガッサヤミラミヒードラン




かばんが小さくてノートが入らなかったのと、
学校に関数電卓おきわすれて両方持ってこれなかったのでやる気が見られなかった疑惑ある。
でもみろうさんに関数電卓借りてとても助かりました。ありがとうございます。


試合展開にそって書いていきますがこの通りメモを取ってないので間違ってたらごめんなさい



予選リーグ1戦目
アオリアさん
ウルガモスマンタインジバコイル
ドサイドンクレセリアドンカラス

初手ちょっと忘れてしまいました……

トリパらしいトリパに当たって初見殺しされるのこわいけどどうしようもないな……
って思って構築組んだんですけど
ドサイドンマンタインとかまさしくそれで冷汗ダクダク界隈。

ウルガモスがいるのにキザン不意打ち選択したら
怒りの粉されてあっ────────ってなった。
完全ににわかで死ぬかと思った。ボルトやけどするし。

結局トリックルームされて厳しい場面が続いたがドサイドンの逆サイドにヒードランを出した後、
晴下のマンタインのハイドロポンプを避けた事によって大きく戦況を変えることができた。

2回目のトリックルームをしっかり挑発し、
次は自分が技はずす番だなとの予感がしたので命中安定技できっちり詰めていって勝ち。



予選リーグ2戦目
mamoruさん
ボルトロス化トルネロス化ランドロス霊
クレセリアエンペルトハリテヤマ



初手
ボルトロス化ハリテヤマトルネロス化

キリキザン後ヤミラミ後ボルトロス化後



配置良いパターン
そしてボルトのボール見てAS振りを確信

最速ヤミラミなのでハリテの(おそらく)猫だましをこちらの猫だましで潰しつつ、
トルネを放置して不意打ちとワイルドボルトをそれぞれに当てていった。
耐久無振りボルトならジュエル不意打ちで有利な乱数で倒せるので
キリキザンだけに任せたがちゃんと上の方の乱数引いてくれて倒せた。
(後でチラ見したらちょっとだけ耐久に振ってて相当運が良かったんだなと思った。)
流石にハリテは倒せなかったがBに薄いのか不意打ち圏内に入ってくれた。

ボルトの位置にエンペルトが出てきたが、ここからは正直ひどい運の片寄りが発生して申し訳なかった。
ボルト対トルネの同速に勝ち、キザンに対するハイドロが2回外れた時点で負ける要素がなかった。



予選リーグ3戦目
ukaさん
チェリムマニューラヤミカラス
サンダーランドロス霊テラキオン



初手
ヤミカラスサンダーランドロス霊

ラティオス後ヤミラミ後キリキザン後




ランド前にキザンを出すことに成功し、291ジュエル不意打ちの力を見せつけ、ラティが波動でサンダーを半分削る。
ここでヤミラミがサンダーへ猫だましを打っていて、ヤミカラスの日本晴れを許したのが失敗だったかも。


ランド位置にマニューラがきて、このポケモンまあ叩くんだろうけどおれのパーティに刺さりすぎでしょとか考えてた。

叩きに備えヤミラミを引っ込めドランを出し、
けたぐりされたら悲しいなとか思いつつキザンを悠長に守らせているとマニューラ以外の二匹が交代し、
チェリムテラキマニュの並びになっていました。
当然マニュは叩きをはじめメガ進化してました。
ここでの特防1.5倍が強く、マニュは200波動で半分削れなかった。
次ターン、詰めの準備のため、マニュをフェイント圏内まで削りつつ岩雪崩で三体一掃されておく。


ここで問題のターン

チェリムテラキオンマニューラ

キノガッサ後ヤミラミ後ボルトロス化後


という配置にしました。

フェイントでマニュを倒し、まさしく叩き対策の珠マッパをテラキにぶちこんで勝ちを確信した……
と思ったらなんと5%ぐらい残ってしまいました……
そのまま岩雪崩をくらいボルトだけ倒れましたがもはやもうボロボロで敗北。
くやしーとか思いつつヤミラミでヤミカラスに対してオレは上!きさまは下だ!!
がやりたかったので先制挑発を決めるとなんとメンタルハーブを持っていて完全敗北。



お昼休憩中、あまりにもマッパで倒せなかったのが悔しくて
叩きのダメージ計算式教えてもらって関数電卓叩いて低確率引かれたアピールしてた。
ukaさんとの直接対決で負けたものの、リーグ内勝ち数同じで残ポケ数的にukaさんより上回っていたので決勝トナメ進出



決勝トナメ1戦目
ukaさん(2回目) 再戦早すぎワロタ
チェリムマニューラヤミカラス
サンダーランドロス霊テラキオン

初手
ヤミカラスサンダーランドロス霊

ヤミラミ後ボルトロス化後キリキザン後



絶対ボール見てないでしょって思ってたので同じ初手こい思いながらボルト選出したら見事に負けん気×2発動

カラスに猫だましを打ちサンダーランドロスを殲滅。
さきおくりとかいう技にびびったものの、
テラキをしっかり削ることを頭に入れガッサを後だしすれば負けるはずがない。



決勝トナメ2戦目
えっくすさん
メタグロスバンギラストゲキッス
ロトム水ラティオスカポエラー



初手
ロトム水トゲキッスラティオス

ヤミラミ後ボルトロス化後キリキザン後



完全にキザン前にラティがくるかどうかのゲームだった。

キッスのこの指に猫だましを吸われるプレイングに怪しさを覚えたものの、ワイルドボルトで飛ばし、
流星群にボルトが倒され、ロトムにリフレクター張られるもジュエルつじぎりでラティ一発で仕留めるの流れで手持ち数に差をつけたのがまず大きかった。

カポエラーに弱点とられる並びになるものの熱風が気持ち良さそうと思ったので
真ん中にヒードランを配置すると次のようになった

ロトム水バンギラスメタグロス

ヤミラミ後ヒードラン後キリキザン後


(〜'ω' )〜死の舞

このドランはマスターボールですと伝えてあからさまに晴れジュエル熱風を匂わせたら
えっくすさん頭を抱え始めたのでその間ずっとマイブームだった死の舞をしてえっくすさん煽ってた。


えっくすさんはグロスの熱風避ける読み鉢巻き地震をするために
まず水ロトムがバンギ位置にムーブしたものの直後の熱風があたりグロスを倒す

後は絶望のガッサして勝ち



決勝トナメ3戦目
tofuさん
バンギラスラティオスロトム水
ローブシンウルガモスランドロス霊



ツイキャスで放送するらしい

初手
バンギラスウルガモスラティオス

キリキザン後ボルトロス化後ラティオス後




ポケモンの並び順逆だったら良かったねと当日言われたりしたけどどっちでも変わらない気がする。

とりあえずtofuさんの面子みて怒りの粉マン潰してローブシン眠らせれば勝てるんじゃないか?
と思ったのでラティ竜波ボルト噛み砕くでウルガモス集中しつつバンギをけたぐりしてみる、
とバンギ→ローブとなり、ウルガモスは別に怒りの粉とかせずにラティにさざめきしてきて落ちる。
(ウルガモス控えめで良かった……)
噛み砕くでウルガは倒したものの、相手のラティの流星群でボルトが落ちる。

流星とんぼで集中だったか?と思ったけどローブシン前にキザンドラン並べるの無理だからこれで良かったと思う。

手数的にはリードを許したものの、二匹倒されたことでローブシンに胞子できる位置のガッサと
流星後の置物の前に猫だましできるヤミラミを並べられたのはわりと良い感じだった。

tofuさんはウルガモスの位置に水ロトム。

正直ここで焦ってしまった……
ローブシンが胞子を守るという当然のプレイを
完全に想定してなかったとかいうにわかをツイキャスに晒してしまった。
キリキザンで勝ちきるつもりだったのでラティが引いてランドロスが出てきた際キノガッサに威嚇されたのはいいとしても、
このターンを有意義に使えなかったせいで
ロトムに鬼火されたりジュエルマッパをドランで受けるはめになったりで散々な負けかたをしてしまった。
初ターンのパッと見の状況も相まって恥ずかしい。




プログラム消化後
早く終わって会場内にいてもいい時間がいっぱいあったので
たまごんくんとゲノセクトとケルディオありでローテしました。

ぴろ

ボルトロス霊バシャーモナットレイ

ゲノセクト
余り
サザンドラブルンゲル


たまごん

ボルトロス霊クレセリアヒードラン

ユキノオー
余り
ケルディオガブリアス

トリプルの後でわかりにくいですが一番左のポケモンが先頭。

ケルディオありではあったけど正直ケルディオ刺さってるようで難しかったのか出てこなかった。

バシャーモの膝か216ボルトロスの10万2発でいかにヒードランを倒すかのゲームだったが、
たまごんくんのスカーフめざ飛ボルトがなかなか恐ろしかった。
ナットレイ失敗した感があったが、結局じゃんけんしてヒードランを膝で沈めることができたため、
後発ゲノセクトの圧倒的ギアチェンジで無双して勝ち。



とても楽しく満足のいくオフ会でした。
名前を知り合ってる仲ではありませんでしたが関西からの遠征勢とのお話がすごく面白かったです。
主催のみろうさん関数電卓と景品ありがとうございました。
スポンサーサイト

死の舞スタン

2013年9月7日に行われたトリプルオフで使った構築です

ラティオスキリキザンボルトロス化
キノガッサヤミラミヒードラン


ラティオス@スカーフ 控えめCS ふゆう
流星群 竜波 冷凍ビーム サイコキネシス

キリキザン@悪ジュエル 意地っ張りAS まけんき
不意打ち 辻斬り けたぐり 守る

ボルトロス化@こだわりハチマキ 陽気AS まけんき
ワイルドボルト 噛み砕く 馬鹿力 とんぼ返り

キノガッサ@いのちの珠 意地っ張りHAベース テクニシャン
マッハパンチ タネマシンガン キノコの胞子 守る

ヤミラミ@気合の襷 陽気HS 悪戯心
猫だまし フェイント 日本晴れ 挑発

ヒードラン@炎ジュエル 臆病CS もらい火
熱風 大地 竜波 守る


(〜'ω' )〜死の舞
舞とかついてるけど舞わない
個人的に今好きな顔文字ってだけなんですけど
トリプル有名強者のえっくすさんと対戦中すごく有利になって頭を悩まさせているときに
煽るために死の舞死の舞とフリ付きで言ったのが楽しかったので名付けた。
相当ごり押したので多分本人は覚えてくれたと思いますが
なんでよくわからんノリに付き合わされてんの感があって申し訳なく思っています。



トリプルをやらない人間なので構築の組み方は正直わからないが、
とりあえずKPの高そうなポケモンをメタっていければなと感じた。
KP高いポケモンのうち注目したのはカポエラー霊ランドロスの威嚇マン。
カポエラーランドロス霊

それぞれの威嚇マンがやってきた時に2枚以上で抑えられる3匹の並びを探す。
ここで鉢巻きボルト、ジュエルキザン、スカーフ冷凍ビームラティを入れた。
個人的にカポエラーが嫌いなので入念にケアしていきたかったが、
好き嫌いを抜きに考えるとランドロスはとんぼ返り前に倒したいため、このような並びになった。
ボルトロス化キリキザンラティオス

ここで威嚇マンをズタズタにできると確信したので潰した後に出す性能の高い物理マンを探す。
珠キノガッサを採用。
経験のない目線だからかもしれないが、キノガッサは叩き雨砂トリパ全部に強いようにしか見えなかった。
耐久の数字の低さからこれらを対策する枚数に1枚としてカウントするのは確かに憚られたが、
威嚇マンを処理した後のマッハパンチの性能がそもそもおかしいはず。
キノガッサ

次に、先程の意識しておくべきような構築への枚数が足りてないので増やしたいが
枠数も少なくなってきたので万能な対応ができるやつを探すとヤミラミかレパルダス。
ここまでで全体に攻撃できるマンがいないので一発を通すことが重要だと思いフェイントのできるヤミラミを選択。
カポエラーを無様に殺すため確実に早く猫だましできるレパルダスもよかったかもしれないが、
カポエラーからの攻撃が通らず一方的にちびちび攻撃できるというのも
よりいっそう無様感があってやりたかったのでまあヤミラミで問題はなさそう。
(ヤミラミは猫だまし無効だがレパルダスに猫だましを打たれて
猫だまし以外の行動を妨害されるという事があるのだろうか?
そういう事が結構あるならやはりヤミラミに強みがありそう)
ヤミラミ

最後の枠としてヤミラミが本当にカポエラーより早いのか判別するために
繰り出したときに特性表示の出るポケモンを使ってみたい。
天候パに強く出れる眼鏡めざ炎ゴルダックや
キノガッサの場持ちを良くできる威嚇ウィンディなどを最初候補に考えていた。
ウィンディゴルダック

しかしここで冷静になってみる。
なんで別に強くもないギミックの為に第1世代の種族値適当配分ポケモンとか使わなきゃいかんのか
と気付いたので最強種族値配分ポケモンのヒードランを採用。
ヒードランは範囲技、ハッサムをとんぼ前に一発、相手の晴れからの炎で攻める系の構築に対する性能、
波動、ヤミラミの日本晴れとのシナジーなど、すごい便利キャラだった。
ここで6匹見返した時ローブシンがつらいことに気付いたのでドランにオーバーヒートを仕込みたかったが
相手のドランに打点があるないで相当変わりそうなので大地にした。
ここヒードランにしたことで炎半減の格闘、具体的にいうと対ハリテヤマに厳しさを覚えたが無視した。
ヒードラン

使った感想としてはやはり御膳立てしてあげたときのキノガッサの凶暴さがとても気持ちが良い。
ヤミラミのフェイントがうまく決まる場面がなかったのでここでいろいろ弄ってみたい。
プロフィール

ぴろくん

Author:ぴろくん
かなしい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
訪問者数
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。